貴方らしく、私らしく

著者情報

山中 和夫

目次

まえがき
第一章 いろいろな人生ありき
第二章 人生、浮き沈みの連続
1.失敗・しくじり編
①「ものには限度があった‐いつでも冷静沈着に」
②「ダイエット‐できることからコツコツと」
③「ゆとり世代‐知ったかぶりはしない」
④「酒は飲んでも飲まれるな‐酔いしれて」
⑤「無理は禁物‐疲労困憊」
⑥「油断大敵‐ハサミ」
⑦「くれぐれも慎重に‐しょっぱい」
⑧「石橋を叩いて渡る‐雨の日は慎重に」
2.ほのぼの編
①「笑う門には福来る‐へんてこな笑い」
②「言葉はきちんと、正確に!‐歌うと笑われる」
③「物は言いよう‐庭木の・・・」
④「整理整頓‐冷凍庫の中」
⑤「物は考えよう‐じゃが芋・・・」
⑥「いつも一言多い‐独り言?」
⑦「いざ伝えたい時に伝えられる‐はい、100円」
3.追考編
①「何でもかんでも信じない‐鵜呑み」
②「いつでも配慮、気遣い、思いやり‐嫌ってばかりじゃ」
③「半額病‐買い過ぎです」
④「いつも感謝の気持ちを忘れずに!‐ありがとうの一言」
⑤「一期一会、出会いを大切に‐お坊さんも・・・」
⑥「迷惑は自分に掛けても、他人には掛けるな‐物臭」
4.迷惑編
①「お天道様が見てるよ、神様が見ているよ‐ピンポーン」
②「自転車よ歩道を走りたまえ!‐優先順位」
③「押すな、押すな!‐人の迷惑を考えよう」
5.大切なこと編
①「あって当たり前と思うなかれ‐物への感謝」
②「慌てない、慌てない。一休み、一休み。‐できることから」
③「なみなみ病‐7,8分目で十分」
④「健康第一、健康寿命を延ばそう‐お見舞い」
⑤「親に感謝しよう‐親がいて・・・」
⑥「何事も断らない、言い訳しない‐教え」
⑦「人生って・・・‐バラ色に」
第三章 悔いのない人生を
あとがき