人間大革命論

著者情報

非常識男

目次

まえがき
序章  はじめに
第一章 間違いだらけの教育
・ 多発する少年犯罪
・ 説教や体罰は教育ではない
・ しつけと体罰の境界線
・ 人は助言や説教によって成長するのではない
・ なぜ大人は子供をガードレールの道に閉じ込めたがるのか
・ 規則
・ 犯罪者は「人生の迷子」
・ 少年たちはなぜキレるのか
・ なぜオウムには高学歴者が多いのか
・ JR福知山線脱線事故
・ 誉められる子供は誉められる大人になれない
・ なぜ経済は失速したのか
・ エリートはいらない
・ 本当の教育
第二章 心と体
・ 除菌・抗菌は危ない
・ 健康は薬では得られない
・ 映像は危ない
・ なぜ病気になるのか
・ 本当の健康を手に入れるには
・ 健康オタクは健康にはなれない
・ なぜ死ぬのか
・ 長生きの秘訣
・ 病気の本当の治し方
第三章 人間関係
・ どうして大人は他人とうまく付き合えないのか
・ 非常識人間
・ 失敗を人のせいにする人
・ 異性との交際
・ 長所と短所
・ 長所と短所の相関関係
・ 男女の相性
第四章 愛
・ 親の愛
・ 男女の愛
・ 恋愛で大切なもの
第五章 幸せとは
・ 幸せになる為の第一条件
・ 幸せを幸せと感じられる方法
・ 夢は実現できる
・ 努力は禁物
・ 何をやってもうまくいかない人
・ なぜスランプに陥るのか
・ 人は皆、芸術家であるべきだ
・ 「金持ち=成功者」ではない
・ 成功は失敗のもと
第六章 自然と自由の大切さ
・ 自然災害は人災
・ 自然が許してくれる生き方
・ 自由
終章 最後に
あとがき