偉人の日記 Ⅱ

著者情報

中込永次

目次

はじめに  20代後半の、私の生きた記録を、紹介します。破損寸前であった、私は冒険を していた。生き残る勇気で一杯だった。