戦争責任者を断罪すべし(二)

著者情報

編集若林 幹夫

目次

はじめにー第八九帝国議会の歴史的意義について(二)ー    
昭和二〇年十二月一日 ー衆議院・本会議ー〔日本社会党〕水谷長三郎代議士による代表質問演説            
昭和二〇年十二月一日  ー貴族院・本会議ー(子爵)大河内輝耕代議士による代表質問演説               
昭和二〇年十二月六日 ー衆議院 ー予算委員会 ー〔日本自由党〕木村武雄代議士による代表質問
昭和二〇年十二月十日  - 衆議院 ・予算委員会 ー〔日本進歩党〕有馬英治代議士による代表質問
賀屋興宣回想録『戦前・戦後八十年』より<支那事変はなぜ拡大したか>
昭和二〇年十二月十日 ー衆議院・予算委員会 ー〔日本進歩党〕濱地文平代議士による代表質問
昭和二〇年十二月十四日 ー貴族院 ・ 予算委員会 ー中山太一代議士による代表質問
(解説と考察・その一)【大東亜戦争調査会】はどうなったのか
昭和二〇年十二月十七日・衆議院(ポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件)委員会
(解説と考察・その二) 東條首相の憲兵政治(恐怖政治)の罪状とは何か