仮面ライダーを創造した男たち

著者情報

岡謙二

目次

『不滅のヒーロー仮面ライダー伝説』の[原本]を出版するに当たって
はじめに -仮面ライダーはどこへ行ったのか-
<序章> それは「人間のドラマ」であった
仮面ライダーの胎動期
等身大のヒーロー像
“あぶれ者”たちの梁山泊・生田スタジオ
<第一章> 不滅のヒーローへの 旅立ち
初代ライダー、藤岡弘の苦闘
二号ライダー佐々木剛、 絶望からの再起
仮面ライダーを完成させた「V3」宮内 洋
<第二章> ヒーローたちの歩んだ道
「ライダーマン」のインパクト
新しい五号ライダー「X」の誕生
不遇の六号ライダー「アマゾン」
「ストロンガー」と、 仮面ライダー終了の衝撃
<第三章> ライダーは 永遠に旅立ったのか
新「仮面ライダー」 村上弘明の“不可思議”
永遠のライダー「スーパー1」の 誇り
「ZX(ゼクロス)」は なぜ生まれたか
一〇号ライダー以降の 新世代ライダー
<終章> 仮面ライダーとは何者か
“彼”は、なぜ ロンリーヒーローなのか
科学と権威に対する闘い
“異形”としてのヒーロー
怪人たちの持つ意味
「人間」を見つめ続けて <私論>石ノ森章太郎
あとがき